はげを治す!薄毛の原因から具体的な育毛方法まで紹介

はげは治ります。しかしその原因が分かっていなければ薄毛対策をしても十分な効果を得られません。このサイトではハゲの原因から具体的な育毛剤の選び方まで分かりやすくお伝えします。

はげを治す!薄毛の原因から具体的な育毛方法まで紹介 > はげを治す!薄毛の原因から具体的な育毛方法まで紹介

はげは治ります。しかしその原因が分かっていなければ薄毛対策をしても十分な効果を得られません。このサイトではハゲの原因から具体的な育毛剤の選び方まで分かりやすくお伝えします。

何故はげてしまうのか

ハゲ,治す
実は男性のはげの90%以上がAGA(男性型脱毛症)です。
これが発症する年齢は具体的にはいうと20代後半くらいからで、特に生え際(M字部分)や頭頂部から薄くなっていきます。

この原因としては5αリダクターゼという酵素が加齢と共に多く分泌されるようになり、それが男性ホルモンと結びつくことによって脱毛を促すジヒドロテストステロンというホルモンになってしまうためです。

生え際やつむじから薄くなっていくのは、この5αリダクターゼが多く存在しているからなんです。

なので、はげを治すにはまずこの5αリダクターゼを抑制させることが第一歩になります。

育毛剤を使っていても効果がない場合は、育毛剤の毛を生やす力よりもジヒドロテストステロンの毛を抜かす力の方が勝ってしまっているためというケースが多いです。

はげを治すには

先に書いたように、5αリダクターゼを抑えることがまず必要です。
AGAの治療を行っているクリニックではプロペシア(フィナステリド)を処方することが多いんですが気をつけなければいけないのがその副作用です。

プロペシアには性欲減退や体力減少といった副作用があります。

はげを治したいっていうのはやはり自分的に嫌だから治したいと思うんですが女性の目も気になりますよね。

髪がフサフサになってもあっちが弱くなってしまっては、、と思います。

しかし最近では副作用がなく脱毛効果を抑える天然成分由来の育毛剤がでていますのでそういったものを選ぶようにしましょう。


次に育毛で大事なことが、髪を生やす効果です。
もちろん脱毛を抑えることで髪は前よりも成長はしますが薄くなっている髪を生やすにはちょっと力がたりません。


そこで発毛を促す効果のある育毛剤を使うんですがメジャーところでいうとリアップがあります。(水谷豊さんのCMでお馴染みですよね)

確かにリアップは発毛効果も認められてはいるんですが、これにも副作用があるんです、、。

私も使っていたことがあるんですが、頭皮部分があれたり、頭以外の体毛が濃くなっちゃいました、、
育毛剤は継続利用が大事といいますが、ちょっと使い切れなかったので私は他の育毛剤にしました。

こちらも天然成分由来で発毛効果がある育毛剤が沢山あるのでそういったものを選びましょう。


では具体的にどういった育毛剤がいいのかというと、「キャピキシル」というものが主成分になっているものです。

これは天然成分由来はもちろんのこと非常にハイブリッドな育毛剤なんです。

というのも、脱毛を抑える効果と発毛を促す効果のダブルの効果を兼ね備えた育毛剤なんです!


しかもその発毛効果はミノキシジルの3倍というレポートもあり非常にすぐれた育毛剤です。

まだ成分としては新しいものですがレポートが開示されている育毛剤自体なかなかないのでとても信頼のおける育毛剤です。

返金保証があるキャピキシルの育毛剤

だからといって、すべての育毛剤が同じように効果があるかは分かりません。

そんなものがあればもっと広まってるはずですしね。

なので、キャピキシルの育毛剤を選ぶにしても返金保証がしっかりある育毛剤がいいです。

私がネットで探して一番返金保証期間がながかったのが「ザスカルプ」という育毛剤です。

これは期間が60日もあるので効果を検証するには十分だと思います。

  ザスカルプについて詳しくみる>>